原因の違う三種類のクマ

笑顔の女性

睡眠不足をしたときに目の下に浮かび上がってくるといえばクマです。しかし、いくら寝ていてもクマが治らないという人もいます。そういった場合は睡眠不足以外の原因を考えましょう。まず、クマをしっかり治すためにはその種類を知る必要があります。クマに種類があったということを知らない人も多いでしょう。実は、大きく分けて3つの種類があるのです。まず、1つ目が青グマです。これは血行が悪くなることで現れるクマです。見分け方としては、目の下を抑えて変色するかどうかで分かります。血流によって色変わるのであれば青グマでしょう。これの原因が体調不良や眼精疲労、そして寝不足などです。この青グマを治す方法は血行促進のためのマッサージが有効です。血液の流れをよくすることも改善に繋がるでしょう。2つ目が黒グマです。このクマの原因は皮膚のたるみです。それに寄って目の下に影ができてしまうため、上を向いたときに目立たなくなるという特徴があります。このクマを治すのに有効なのがコラーゲンを増やすことです。また、ヒアルロン酸注射も肌にハリを与えたるみを改善するため有効です。最後が茶グマです。このクマは色素の沈着が原因です。そのため、触れることで色が変わったり、上を向いても薄くなりません。この茶グマを治す方法はUVのケアです。紫外線でメラニン色素が沈着したのなら、医療機関やエステで行なわれているレーザー治療やIPLを試すといいでしょう。そういった方法で徐々に薄くして改善することができます。